<例会♪豆知識>

左手のピアニスト  智内 威雄 (Takeo Chinai)

2014年9月28日(日)一色地域交流センター

開場17:30 開演18:00  上演時間約1時間30分

 

8月9日(土)西尾勤労会館にて智内威雄さんとの事前交流会を開催しました!

 

智内さんは左手だけで演奏をする「左手のピアニスト」。

13年前、留学先のドイツで「局所性ジストニア」を発症し、右手を思うように動かすことができなくなりました。2年間のリハビリを経て出会ったのが、左手だけで弾くピアノ曲の楽譜。ここから智内さんの新たな音楽家としての道が始まりました。左手の演奏を通して、豊かな音楽の世界を広めたいという智内さんの想いは、多くの人の共感を呼んでいます。

 

子ども向けの1部と大人向け2部で内容も変えて行われました。

左手だけで弾いているとは思えない、すばらしい演奏でした。

ピアノの音は下から聞いた方が音量も大きく出てくる音が広がるそうです。

ピアノの下に入って聞いてみると確かに違って聞こえます!

 ピアノを習っている方は質問したり、ピアノを弾いて聞いてもらったり、貴重な経験ができました。

 

<印象に残ったお話>

ピアノはそのピアノのキャラクターがあり、その個性に合わせて演奏しているそうです。

今日弾いていただいた勤労会館のピアノは力強くて、おしゃべりなピアノ!自分はこうだと言いたいピアノだそうです。

上に人形がのっていて、あまり弾かれていないようなピアノは独り言が得意。つぶやくような表現をする。う~ん、素人ではわからないですね。奥が深い!!!


例会ではどんな演奏をしていただけるのか、お楽しみに ♪♪♪